ようこそ「カローラfan★トヨタ 値引き 燃費 価格 値段 中古車 下取り」へいらっしゃいました!このサイトは、トヨタ カローラが今とっても気になっているとか、トヨタ カローラの大ファンだ!またはトヨタ カローラが大好き!トヨタ カローラの値引き価格燃費新車とか中古車などの情報が欲しい!という方を対象に、様々なコンテンツを提供していきます。最近はネットで各種情報を得られたり、たとえば掲示板評判を検索したり、大変便利になりました。もちろん、トヨタ カローラの最新情報を見つけ次第こちらで紹介したいと思います。いろいろと長くなりましたが、当サイトは細々と更新していきますので、今後とも温かく見守って頂けるとうれしいです。
日本人男性の、約6割が悩んでます。それは・・・←クリック!
日本人女性の、約8割が悩んでます。それは・・・←クリック!
必見!おトクなバーゲン情報が満載です!!・・・←クリック!
激安格安ノートパソコン比較情報リンク集・・・←クリック!
★カローラ 中古車 パーツ 検索★
Topカローラ 紹介 >カローラについて

カローラについて

トヨタ カローラ値引き、トヨタ カローラの価格、トヨタ カローラの燃費などトヨタ カローラ情報をお探しの方へ。まずはじめにトヨタ カローラの概要をご紹介します。(wikipediaより)

概要
1969年から2001年までの33年間連続して、派生車を作るなどし車名別国内販売台数1位を維持するなど、日本を代表する車種である。また、2002年には年間世界販売台数が初めて100万台を突破した。更に2005年には、累計生産台数3,000万台を達成し2007年現在、世界140ヶ国以上の国で販売されており世界で最も多く販売されている乗用車でもある。そのためか「4輪車界のスーパーカブ」とも呼ばれることもある[要出典]。

その名前は同社の大型セダン「クラウン」の「王冠」、中型セダン「コロナ」の「太陽の冠」に対して、「花冠」(花で作った冠ではなく、花において花弁が環状に連なっている部分を指す。語源はラテン語)を意味する。また、同社にはほかに「冠」をもじった大型前輪駆動セダン「カムリ」がある。

現行モデルとしては、日本ではセダンの「カローラアクシオ(COROLLA Axio)」、ステーションワゴンの「カローラフィールダー(COROLLA FIELDER)」、小型ミニバンの「カローラスパシオ(COROLLA SPACIO)」がある。

以前は5ドアハッチバックの「カローラランクス(COROLLA RUNX)」(ネッツ店での姉妹車「アレックス(ALLEX)」もあった)もあったが、2006年10月に新型欧州戦略車「オーリス(AURIS)」を同車の後継として導入し、ハッチバックのカローラ名は終了した。ランクスおよびアレックスは日本においてはカローラの若年層向け異型車として展開されていたが、オーリスはネッツ店専売車種となっている。

2006年7月に東京・お台場のMEGAWEBでカローラ生誕40周年記念展示が行われ、初代から9代目までのカローラとAE86型レビン、スパシオの欧州向け姉妹車「カローラ・ヴァーソ」、ヴォルツの北米向け兄弟車「マトリックス」が展示された。マスコミ向けに行われた撮影会では内装まで撮影できたが、一般公開では囲いがしてあり、外観しか見られなかった。ちなみに多くの車のリアには販売会社のステッカー(トヨタカローラ徳島など)が貼ってあり、実際に走っていた車であることが分かる。

10代目(NZE140/ZRE140系、2006年−)
2006年10月10日に発売。今回、セダンにはサブネームが付いた「カローラアクシオ(COROLLA AXIO)」の新名称で一新。このネーミングは「品質」「価値」を意味するギリシア語の「AXIA(アクシア)」に由来する。一方、ワゴンは9代目に続き「フィールダー」の名称で展開される。なお「ランクス」の名称で展開してきたハッチバックは、後継車として3ナンバーサイズの新型欧州戦略車「オーリス」を導入することとなり、カローラランクスの名前は1代限りで消え、カローラの派生車種から再びハッチバックが消滅した。また、オーリスの上級仕様である「ブレイド」も発売された。 10代目のキャッチコピーは「新しい尺度。」、「今度のCOROLLAはよくしゃべる」。

なお、今回セダンは海外向けと国内向けとプラットフォームを2つ持つことになる。それは日本国内での根強い5ナンバー需要に対応するためで、従来車の車両寸法をほぼ維持した10代目のアクシオ(セダン)とフィールダー(ワゴン)(E140系)はこのモデルより国内専用車(ドメスティックカー)となる。

エンジンは1500ccモデルの1NZ-FE型エンジン(今回からすべてローラーロッカーアーム式メカニズムに統一)が継続されるほかは1800ccモデルには1ZZ-FE型エンジンに代わって新開発の2ZR-FE型(DUAL VVT-i対応、136馬力)ガソリンエンジンが新たに搭載された。また、今回からセダン専用でありE50系(3代目の中期型以降)以降から続いてきたカローラシリーズの伝統ともいえる1300ccモデルやフィールダーやランクス、アレックスに搭載されていたスポーツツインカムモデルは廃止された。ただしカローラセダンの1300ccモデルの廃止後は事実上ベルタ(なおトヨペット店ではプラッツの後継車種として販売)がその空いたポジションを受け持つ事となる。

オートマチックトランスミッションは全車CVT(1800cc車には7速のマニュアルモード付きが採用される)である。また、ATを好まないユーザー向けにE120系に引き続いて1500ccモデルの2WD車に限りアクシオ、フィールダー共に5速マニュアルミッションも用意される。ちなみにアクシオは法人向けの「1.5X ビジネスパッケージ」(9代目カローラセダンの「X アシスタパッケージ」に相当する)を除き全車にバックモニター機能付5.8インチ液晶ディスプレイ(メーカーオプションでHDDナビを装着した場合は6.5インチに拡大される)が標準で装備される。なお、4WD仕様に関してはアクシオの最上級グレードの「1.8ラグゼールαエディション」を除く全てのグレードに設定される。

CMは先代から引き続き木村拓哉が出演(フィールダー)しており、新たに明石家さんま(アクシオ、フィールダー)や浅田美代子(アクシオ)、柄本明(フィールダー)、細野晴臣(フィールダー)も起用された。

1987年に絶版になって以降長らくトミカで発売されなかったカローラセダンだが、このカローラアクシオから久しぶり(1983年発売のE80系カローラセダン以来およそ24年ぶり)にトミカで発売された(2007年5月19日発売)。


posted by カローラfan at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | カローラ 紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4546533

この記事へのトラックバック